» アレキサンドライトレーザーのブログ記事

髭があると「男らしい」とか「ワイルドに見える」と思う人は少なくはありません。しかし初対面の男性に髭が生えていると第一印象で「だらしない人」だと思ってしまう人がまだまだ多いようです。

ちなみに髭を自己処理している男性は多いと思いますが、毎日の処理によるダメージで肌トラブルに悩まされている人、そもそも髭剃りを面倒だと思う人、また髭の濃い人で自己処理後の青髭に悩まされている人にとっては特に永久脱毛のとしての効果が高い病院で行う医療レーザー脱毛がおすすめです。

美容外科や皮膚科などの病院ではシミやホクロの治療でレーザーが使っている所が多いですが、黒色のメラニンに反応するレーザーがシミやホクロ、そばかすなどを薄くする仕組みです。

そして髭についても同様で、お肌にレーザーを照射することで黒色のメラニンに反応して熱のエネルギーに変わり、毛を作る組織にダメージを与えます。一度で髭がなくなることはありませんが、回数を重ねるうちに次第に髭が細く薄くなり、最終的には髭が生えてこなくなる仕組みで、青髭の症状も次第になくなっていきます。

医療レーザー脱毛は永久脱毛としての効果が高く、一度毛を作る組織がなくなると再発させるのは難しいです。後で後悔しないようにどのようにしたいかを事前にはっきりとさせておくことが重要です。髭を薄くしたい人にとっては生えてこなくなるまで施術を行う必要はないため、事前のカウンセリングでその旨を伝えるのを忘れてはいけません。

男性にとって自慢となることもある髭ですが、濃すぎる髭はコンプレックスに感じる方も多いのではないでしょうか?

髭という存在は、男性にとっての印象と女性にとっては異なります。

女性の多くは髭に対し、不潔化や恐怖感、なかには嫌悪に感じてしまう方も多い様です。

そうした中、髭の自己処理として、皆さまカミソリや電気シェーバーなどで剃る方も多いですが、髭の濃い方は例のアレが残りますよね。

そう。青いぶつぶつです。

これは中々嫌なもので、不恰好になってしまいますよね。

この青残りが好きという方は中々少ないのではないでしょうか?

触った時のザラザラ感も不快ですよね。

そうした中、毛抜きで処理するか放置するかという方が多い様です。

毛抜きはとても痛いですよね。

毛抜きで処理している方の多くは涙を流しながらではないでしょうか?

たしかに出来上がりは良いのですが、あまりに辛すぎます。

そして毛抜きによる皮膚への負担が強く、かぶれや炎症など肌トラブルを引き起こし、また痛い思いをすることも少なくありません。

そうした中、今注目のレーザー脱毛ですが、痛そうですよね~

レーザーで焼くのですから、熱いかもしれないと思いますよね。

それは全くの勘違いです。

「痛いですか?」と尋ねられれば、「いいえ。全く痛くありません」と断言できます。

レーザーの熱はすべて毛の黒い部分にのみ与えられます。

そのため、皮膚に熱を感じることはほとんどありませんので、安心してこれまでのストレスを解消すべく、髭脱毛にトライすることをおすすめします!
おすすめ髭のレーザー脱毛

病院で設置している脱毛用の医療レーザーには、
大きく分けて
・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー
・ヤグレーザー
の3つがありますね。

このうち、最も高出力が出せるのはアレキサンドライトレーザーです。

ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーよりも痛みが弱いとよく言われていますが、
その分効果も弱いですね。

男性の髭に毛根からダメージを与えて完全に永久脱毛するなら、
アレキサンドライトレーザーが一番効果が高いです。

アレキサンドライトレーザーには、以下のような製品があります。

・ジェントルレーズ
・エリートMPX
・G-Max
・アポジーエリート

アレキサンドライトレーザーの中で一番有名なのはジェントルレーズですね。
脱毛クリニックのホームページで脱毛レーザー機器の写真が掲載されていることがありますが、
『GentleLASE』と書かれた機器がジェントルレーズです。

以下に、アレキサンドライトレーザーを導入している
脱毛クリニック(皮膚科/美容外科)を調査してみましたので、
ヒゲ脱毛する病院選びの参考になれば幸いです!

アレキサンドライトレーザーを導入しているクリニック

メディエススキンクリニック
メディエススキンクリニックで導入しているのはジェントルレーズ、エリートMPX、G-Maxです。

渋谷美容外科クリニック
渋谷美容外科クリニックで導入しているのはジェントルレーズです。

大宮中央クリニック
大宮中央クリニックで導入しているのはアポジーエリートです。
ちなみに、アポジーエリートはヤグレーザーの機能もある医療レーザー機器です。
ヤグレーザーはシミやソバカスなどを消す治療によく使われます。

湘南美容外科
湘南美容外科で導入しているのはジェントルレーズです。

横浜中央クリニック
横浜中央クリニックで導入しているのはアポジーエリートです。

アイエスクリニック
アイエスクリニックで導入しているのはG-Maxです。
G-Maxもアポジーエリート同様、ヤグレーザーの機能もある医療レーザー機器です。

どのクリニックがいいの?

アレキサンドライトレーザーを導入しているクリニックの中で、
どのクリニックを選べばよいのでしょうか?

同じアレキサンドライトレーザーを使用しているので効果は同じ、
あとはやっぱり料金ですね。

メディエススキンクリニックや湘南美容外科には髭脱毛フリーパスプランがあります。

実際、ヒゲ脱毛が何回で終わるか、やってみないとわからないところですが、
髭の濃い方の場合はおおよそ10回以上はかかるのが一般的です。

したがって、通常の脱毛クリニックのプラン(1年で6回)の場合、
2倍の料金がかかることを覚悟しておいた方がよいでしょう。

その反面、回数無制限のフリーパスプランなら支払う金額はもう決まっているので、
安心して何度でもヒゲ脱毛できますよ^^

現在、永久脱毛と呼べる脱毛法は、ニードル脱毛と医療レーザー脱毛の二種類で、この中でも主流となってきているのが、ニードル脱毛に比べて痛みが少なく施術時間が短い、医療レーザー脱毛です。

医療レーザ脱毛は、医療用レーザーを使って行っていく施術ですが、この医療用レーザーにはいくつかの種類が存在し、そのひとつがアレキサンドライトレーザーです。

アレキサンドライトレーザーとは、光によって色が変わる事で知られている宝石アレキサンドライトを使ったレーザーで、毛根と毛乳頭のメラニン細胞のみに吸収される特性を持ち、安全性の高さで人気のレーザーです。

このアレキサンドライトレーザーには、毛穴の黒ずみ解消等の美肌効果、毛穴引き締め効果があり、美肌にも高い効果があります。

ただ、現在主流となってきているダイオードレーザーに比べると、痛みを感じやすい、産毛に対する反応が弱い、肌の色や色素沈着の状態によっては施術を行えない可能性があるというデメリットもあります。

痛みは、冷却機能を搭載したマシンかどうかで、変わってくる事になります。
アレキサンドライトレーザーを使っているクリニックに通う際は、痛みに関する口コミ等を確認しておく事がお勧めです。

脱毛クリニックではアレキサンドライトレーザーやヤグレーザーなど複数の脱毛機器を導入している場合がありますが、それぞれの特徴に合わせて脱毛機器を選ぶことが可能なケースもあります。

レーザー脱毛では肌にダメージを与えてしまうことがありますが、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーは共に肌に与えるダメージを最小限に抑えることが可能です。

以前であれば日焼けや色素沈着があると施術が受けられませんのでしたが、アレキサンドライトレーザーはメラミン色素に対する反応が低いため、肌のトラブルが少ないメリットがあります。またシミやそばかすにも効果があるため、脱毛と同時に美容効果を発揮できるメリットもあるのです。照射範囲が広いため施術時間を短縮することが可能ですから、効率よく施術を受けられると言えます。

アレキサンドライトレーザーは半永久的に効果を発揮しますが、産毛には使用できない機器となります。

ヤグレーザーもアレキサンドライトレーザーと同じように肌に与えるダメージが少ないメリットがありますが、脱毛効果が限定的で永久性を持っているわけではないと言えます。他にもレーザー機器はありますがそれぞれに特徴が異なるため、クリニック選びが重要となると言えます。

現在、永久脱毛と呼べる脱毛で主流になっているのが、医療用レーザーを使った医療レーザー脱毛です。

医療用レーザーは医療機関でしか扱えない為、一般的なエステや脱毛サロンでは使う事ができず、エステなどでは医療レーザー脱毛よりも効果が弱い、光脱毛が主流となっています。
医療用レーザーを使った脱毛は、どれも医療レーザー脱毛という呼ばれ方をしていますが、クリニックによって、使っているマシンが異なり、マシンによって照射時間や痛さなどに差が出てくる事になります。

現在、多くのクリニックで使われているのが、アレキサンドライトレーザーと、ダイオードレーザーです。

アレキサンドライトレーザーは、アレキサンドライトという宝石を使ったレーザーで、以前からかなり多くのクリニックで使われてきたマシンで、冷却装置があるかないかで、痛みの度合いが変わります。
それに対して、ダイオードレーザーは、現在主流となりつつある新しいマシンです。

ダイオードレーザーの特徴は、照射面積が四角く、照射漏れが少なく、痛みが少ないという事です。
アレキサンドライトレーザーよりも、新しいダイオードレーザーの方が照射時間が短く、痛みも少ないというメリットがある為、これから脱毛を始める際は、ダイオードレーザーを採用しているクリニックがお勧めです。

美容外科や美容クリニックなどの医療機関で出来る脱毛方法が医療レーザー脱毛です。
美容サロンなどで行っている光脱毛とは違い、威力が強いので効果も高いことで知られています。
医療レーザーの基本的な構造としては、肌のメラニン色素に反応して、レーザーによって毛根を照射するというものです。
美肌効果も期待できることでも有名なのです。
レーザー脱毛の場合、2~3か月に1度施術してもらい、大体5~6回で完了します。
ただ部位や毛の濃さによって多少前後するので、その点はカウンセリングで相談することをおすすめします。
美容サロンよりも出力が高い分、回数も脱毛サロンよりも少なくて済むのがメリットです。

とはいえ、医療レーザーと一口に言っても、機械によってもメリットデメリットが変わってきます。

日本人の肌に合うことで多くの場所で取り入れられているのが、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーです。
他には機械はありますが、今回はこの2つについて細かく見ていきたいと思います。

まずアレキサンドライトレーザーとは、1997年に日本に導入され、照射によってメラニン色素に反応してその部分にダメージを与える効果があります。
メラニン色素に反応するということで、シミやソバカスなどに有効で、ニキビ治療としても使われています。
また、毛穴を引き締める効果もあるので美肌効果もあるものとして人気のある機械です。
日本人向けで、レーザーの中では照射範囲が広いです。ただし、産毛には反応しにくいというデメリットも持っています。

一方、ダイオードレーザーについて。
こちらも、メラニンに吸収するレーザーを照射することで、表皮や周辺組織にダメージを与えることなく毛根のみに働きかけます。
冷却装置が内蔵されているので、事前に冷却ジェルを塗る必要もないので短時間で施術することができます。
FDAというアメリカの食品医薬品局という公的機関で永久減毛装置として認められており、その安全性も認められています。
他の機械よりも、施術者により技術差が生じないという点においても、差が出ないことで人気の機械です。
産毛にもしっかり効果が発揮でき、肌への負担が少ないという点はこの機械のメリットでもあります。ただ、アレキサンドライトレーザーよりは照射範囲は狭いです。

この2大レーザー機、どちらが永久脱毛に効果が高いのかということですが、実際はそんなに差はないです。
どちらの機械においても、もちろん永久脱毛は可能ですが、やはり毛が生えるかどうかはホルモンバランスによってきます。
だいぶ前に永久脱毛してずっと生えてなかったけど、出産したらいきなり生えてきたということがあるぐらいどういったホルモンが毛にどういう影響をもたらすかというのは詳しく分かっていないのです。
なので、どちらの機械も半永久的な脱毛をすることは可能ですが、永久脱毛できるかどうかは個人差があると思います。
また、脱毛力に関してはどちらの機械にも大きな違いはないので、メリットデメリットを見比べてみて、自分に合っている方を選んでみるのがいいと思います。

どちらの機械がいいかは、事前に体験コースなどで試すのもおすすめしますよ。